KOI

ポケモンだいすき同人女の話です。

色違いにハマったシンデレラストーリー

 今は色ちがいかわいい!かわいい!となっているけど前はただの対戦のための孵化厳選だったし、孵化厳選する前はただストーリーが楽しい!楽しい!で周回マンだった。

 孵化厳選しているうちはまだ時間があったのでストーリー周回をして旅を楽しんでいたのだが、色粘りを始めたらあっちゅう間に時間がなくなりストーリー周回ができないわ色粘り禁断症状が出るわ(新しい色が欲しくなってストーリーそっちのけでケンタロスぐるぐるしちゃう)で今は絵を描く気力も体力もそんなにないので色粘りに精を出しているのであるが。

旅マンだった私が色厳選を始めたわけ

 

ポケモンとの出会い

最初におばあちゃんの集会所について行った時にいたお兄ちゃんにやらせてもらったポケットモンスター銀がそもそもポケモンとの出会いだった気がする(その前からポケモンが好きだったかは覚えていないけど、ポケモンに触れた最初のおもいでがお兄ちゃんの銀)。それで、いつの間にかポケモンが大好きになってポケモンでカタカナを覚えて、ポケモンパンのシールを集めてポケモン指人形を集めて、挙げ句の果てにはポケモンをあちらこちらにお絵描きし散らかすクレイジーポケモンガールだった。

 小学校1年生の時に書いた織姫彦星さまに願う短冊に書いたのが「絵を描くことがもっとうまく描けますように」(ポケモンのイラスト付き)。

 自分のポケモンのゲームを初めて買ってもらったのは時期は忘れたけどポケットモンスタールビーだったので、クリスマスプレゼントか、なんかだったんだろう。その時はクラスで仲よかった男の子2人と自分の3人で一斉に初めて、「最初のポケモンみんなで分けよーぜ!」という作戦を立てたりもした。

 初めてのポケモンは名前の登録の仕方がいまいちわかってなくて、女主人公のデフォルト名の中から「ムツミ」をなぜか選択して冒険を始めた。最初に選んだポケモンミズゴロウで、これにもエピソードがあって。

 最初私はアチャモがよかった。可愛かったから。進化系もまだ知らない状態で私は選んだんだけど、先述の通り悪友2人と「最初のポケモンをみんなで分けよーぜ!」作戦をした結果アチャモが取られて私は残り物のミズゴロウになったのだった。

 最初はミズゴロウが嫌で泣いたりしたけど、旅を進めていくうちに頼り甲斐のあるヌマクローに進化してマッドショットでジムリーダーのツツジを突破した。アチャモを選んだH君が苦戦しているのがちょっとだけ嬉しかった。

 そんなこんなでいっぱい思い出はあるのだが、クリアして何回もポケモンチャンピオンを倒していろんなポケモンを育てているうちにエメラルドが出て、エメラルドも夢中になってやった。もちろん最初のポケモンミズゴロウで。

 最初のルビーで育てたポケモンたちはエメラルドに避難させておいて、ルビーをリセットして何回も何周もポケットモンスターホウエン地方の旅を続けた。それは、やっぱり最初の旅が楽しくて面白かったのが鮮明に残っていたからだし、DPが発売されても時々ルビーを引っ張り出してきてはリセットして最初から旅を続けた。

 そういう、"旅"がとても好きだったので、ストーリーには興味がなく登場人物もいまいち覚えていない。ダイパの時もそうだった。でもダイパでは”旅”を繰り返しすることがなく、どっちかといえば苦しい思い出の'旅'だったような気がする。試される土地シンオウの大地は性に合わなかったようだった。でも地下通路は思う存分に楽しんだ。

 

ポケモン離れから戻ってきた時に

 私のポケモン離れはちょうどBWで、ブラックをプレイした時にあまり”旅”を楽しめなくて1回クリアしたらもーいっか。という気持ちになってしまった。思えばプラチナも買ってないし、ギラティナとか反転世界?とかもよくわからないし、そもそも家にWi-fi環境がなかったから楽しめたはずの要素が何も楽しめなくて不自由感を味わっただけで終わった。BW2は続編だと聞いたけど買わなかった。

 そんなこんなで自分の容体がよろしくなかった時に、自宅療養中に学校にも行けずふと電気屋さんに立ち寄ったらDSは3DSに進化していてポケモンはドットから3Dに変化していた。何だかとてもキラキラして見えて、欲しくなって、お母さんに久しぶりに「ポケモンがしたいの」という話をした。

 そこからもーカロス地方に夢中になってポケモンに戻ってきて、アニポケも半年遅れ?くらいだったけど観始めたりした。カロス地方の旅は楽しくて、ポケモンバンクポケモンを預けてルビーぶりに何周もした。サナが可愛かった。

 当時やっとWi-fiを手に入れてインターネットをしていた私は、ポケモンには裏の数値があって何やら卵を孵化させると強いポケモンが手に入るらしいということは知っていたのだが、カロス地方から移ってプレイをしていなかったプラチナをやったらどはまりして同人に手を出し意欲的に活動していて頭が悪かったのもあって難解な法則を理解しようとしなかった。そもそもポケモンとは運命だし〜厳選とかポケモンの権利が〜

 とか言ってたけど、ニコニコ動画もこうの「厨ポケ狩り講座」をたまたま見た時にガガーーーーーーンと衝撃を受けた。バトルってこんな楽しいんや!!!ガブリアスじゃなくても勝てるのか!!!ということで、サファリで手に入れたメタモンでゆるーく2vとか3vのゲンガーやメガクチートとかを育ててみた。バトルをした。楽しい!バトルってこんなに楽しかったの!?

 ポケモン生活10うん年目後半にしてやっとバトルの楽しさを知った。

 と言っても環境がわかってるわけでもなく(今でもわかってないけど)育てたいポケモンだけ育てていた私は2ボックス分くらい育成をしてその当時5歳だった従兄弟にポケモンを貸して対戦してボコボコにしていた。バトルって楽しいだろう、ということで瞑想スイクンの使い方を教えたりした。5歳の男の子に。負けた。

厳選から色厳選の道へ

 私が明確に色に興味を持ったのはツイッターでP助さんという人を見つけてフォローした時だった。絵も可愛いしゲームもすごいやり込んでるんだなあという印象だったんだけど、なんやかんやで仲良くなり、バトルをすることになった時に、私はガチガチのガチパ、P助さんは全色違いパーティで対戦をした。

 それは勝ったのだけど、それ以上の収穫があって、「色ブイゼルのこのモーション見てください!」とか言われた時にあーこれってポケットモンスターダイヤモンド&パールでいう「魅せるバトル」だ!!!って感じたんだよなあ。私はそう言われるまで気づかなかったんだけど、ポケモンのモーションにそこまで着目してなかったので目からウロコだった。

 そこから見よう見まねで海外産メタモンをなんとかGTSでゲットし、色厳選をした。初めてはORASツタージャだったかしら、運良く2ボックスくらいで出て、可愛い!!!とにかくやっと出た色違いって、ポケモンの権利とか〜とかとか〜みたいなの吹っ飛ばすくらいに愛着を持ってしまう、可愛い!!!!

 そんなこんなで色粘りをして、今サンムーンではボール厳選なんてのも簡単にできるようになったのでオシャボ厳選なんてのもしている。ラブボムラっ気色テッポウオが欲しい。喉から手が出るほど欲しい。2回色違いは出た、ただ通常特性だった・・・・・・・・・・・・誰かラブボむらっけ色テッポウオちょうだい。

 

 みたいな苦労はありつつ、最近は暇さえあれば楽しくポケモンやってます。各位へ、また色自慢させてくれよな。!えへ