読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOI

ポケモンだいすき同人女の話です。

レシピ継承

有益 料理 会社

3連休2日目、ダラダラ

 ざっくり今日の内容を話すと、午前中に料理をして午後にカラオケ行きました。料理する中で良いレシピがあったので端書きですがメモしようと思います。

 

千切りポテトのチーズ焼き

f:id:usachupa:20170319232304j:image

 真ん中の青いお皿の右にある黄色い物体です。

  1. ポテトの皮をむいて千切りにする。
  2. パルメザンチーズたっぷりと塩こしょうで味付けしてかき混ぜる。
  3. バターを回したフライパンの上に押し付けるようにして焼く。
  4. 片面が焼けたらひっくり返してもう片面押し付けるようにして焼く。
  5. きつね色になったら完成。

 高カロリーだけど簡単で美味しい。

 

アップルヨーグルトケーキ

f:id:usachupa:20170319232315j:image

 下がアップルヨーグルトケーキで上がスフレチーズケーキ(後述)です

  1. 器にバターを塗り、小麦粉を振る。
  2. りんごを2こ5mm程度にスライスして器に敷き詰める。
  3. オーブンを180℃で予熱する。
  4. 卵2こに、砂糖・小麦粉・ヨーグルトを計量カップで1カップずつ入れてよく混ぜる。
  5. 混ざったらサラダ油を半カップ加えてよく混ぜ、リンゴの敷き詰めてある器に流し入れる。
  6. 180℃で30~40分焼く。

 計量カップだけではかりのいらない簡単ケーーキ、美味しい。リンゴがサクサクしている。

 

スフレチーズケーキ

f:id:usachupa:20170319232324j:image

 これはフツーに簡単でもないケーキです。

材料

  • 直径18cm スポンジ型
  • 薄力粉 30g
  • クリームチーズ 250g
  • バター 60g 
  • 砂糖 40g
  • 卵黄 3個
  • レモン 1/2個
  • 卵白 3個分
  • 砂糖 20g

準備

  • クリームチーズとバターは室温において柔らかくする
  • 型にパラフィン紙を敷き、冷蔵庫に入れる
  • レモンは皮をすりおろし汁を絞っておく
  • 卵黄と卵白に分ける
  • 薄力粉はふるっておく
  • オーブンを温める

作り方

  1. ボウルにクリームチーズを入れてクリーム状になるまで練る。(湯煎・うらごしもOK
  2. 湯煎して溶かしたバターを加え、分離しないように混ぜる。
  3. 砂糖40g、卵黄1個ずつ(分離しないように)、レモン皮、レモン汁を順に入れる。
  4. 薄力粉を2度に分けて加える。
  5. 別のボウルに卵白をミキサーで泡立てて砂糖20g加える。
  6. 4のボウルに5を2度に分けて加える。1度目はガツガツ混ぜて、2度目はザックリ泡をつぶさないように混ぜる。(1:2の割合)
  7. 型に流し、プレートに置く
  8. プレートにお湯を7分目まで静かに注ぐ
  9. 160~170℃で約30分焼く
  10. 完成

 これはネーーーーーーー美味しい、とにかく美味しい。断面が綺麗でしっかりしているので細かく切り分けられるし、紅茶にも合う。レモンの風味が良い。ただ作るのが面倒くさい。私はアップルヨーグルトケーキでいいかも。

 

 

あとオタクに関して感じた話していい?

 

オタクとパンピとパンピオタ

 私はオタクだ。そして、自分と同類のオタクにはシンパシーを感じ取ってなんとなくわかる。話し方とか雰囲気とか服装とかその他もろもろで、オタクはオタクだって一目瞭然でわかる。そういうオタクは本当に見ていて楽しいし可愛くて大好きなんだけど、私が苦手にしている人種が「パンピオタ」。ライト層オタクとも違っていて、ライト層オタクはパリピも含まれた「漫画読んでて楽しい・アニメを見て楽しい」の人種。オタクという生き物は「何か一つこだわりがある人間のこと」を指していると思うんだけど、「パンピオタ」は「こだわりがあるけれど楽しみ方がパンピ」で、これがヒジョーーーーに扱いづらい。シンパシーも感じねーし。

 「楽しみ方がパンピ」とはなんだろう、まずは「パンピ」のことを説明しよう。「一般ピープル」のことだ。パンピオタの共通理念として「オタ用語には詳しくない」「特定の自分の好きなものに対しての熱の入れようがすごい」「誰彼構わず自分の好きなものの話をする」が大きくあると思う。厄介なのが3つ目で、別に悪いとは言わないけれどオタク界隈に生きていると「住み分け」というものが存在しているが、パンピオタにはその理念を知る術がないので「住み分け」をしない。するとどうなるか。パンピオタの好きなものを全面に出される。するとどうなるか、自分は詳しくないので聞くだけになる。するとどうなるか、ディスコミュニケーションになる。つらい。

 そして今日私が接したパンピオタの怖いところは悪気なくオタクという生き物を「面白がる」ところだった。何が面白い、オタクは本気で魂からオタクなんだぞ

人の本気を笑うな!

そのつもりがなくてもね

 

ただの愚痴になったけどごめんね。オタクってなに?好きを追求する人だよ。

ちなみに私の好きなものは、地球・文化継承・温故知新・真実、です。

 

 

身の回りにいる30代のどうしても魂がオタクの女子の話していい?これはかわいい話です。

オタクカモフラージュ

 チーハタになってわかったんだけど、好きなものを好きと言える熱量とか気力とかそういうものって年齢を重ねるたびに失われつついくものではないかなと感じている。今の私に中高生の時のようなアニメ漫画への熱量はないし、好きなものが明確になった分いわゆる「アニメを見る・漫画を読む・追っかけをする・ゲームをする」の「定期的に情報を追う」ために必要な意欲的な部分が欠如してしまい、新しい風が入ってきにくくなった。30代にもなるとそれが顕著になっちゃうのかな〜という推測をもとに下記があります。オタクの風化はしてもオタクの気質・魂は風化しないという話。

 1人はフジョシに理解のある絵を描くオタクだったけど、何か一つに常に執着してこだわりを持っているわけではないので明確な「オタク」ではなくて、「魂がオタクのままパンピに還りそうになっている女子」だった。魂からオタクとはどういう意味か。簡単に言えばシンパシーを感じるからという曖昧な判断基準になってしまうんだけど、その人は関西の人だったのだが「笑いの技術」が「オタクの技術」で、「関西のお笑いの気質」を持ってはいるけど「本場のお笑い」ではなかった。

 例えば?度合いの問題かもしれないけれど、いじられキャラをいじる方法が「テンプレート化」してことば巧みにdisり愛をしてしまう。disり愛といじられキャラの愛嬌はそこまで近くないものなんだけど、そこがごっちゃになってしまっており、最高に「オタクは風化してしまったがパンピに擬態できずにいるオタクの魂」を感じてちょー萌えました。disり愛はオタクコミュニケーション(偏見)

 

 そしてもう1人の30代オタク女子も、もー振る舞い方はっちゃけ方から魂のオタクで、飲み会の第一声が「自分タメで宜しくお願いします」ツイッターのプロフか。あるいはタグ祭りか。

 会社の人はパンピが多く、エンジョイ勢も多い。いわゆるライト層のオタクで、文化部に入っているようなサブカル気質だ。社会に適合できるタイプのオタクエンジョイ勢で一見パンピ。そういう人たちが会社に着てくる服なんだけど、おしゃれなわけでもなくでも清潔感を保ったフツーの服。ブランドじゃなくてユニクロとかGUとかをカジュアルに着こなしてこぎれいにしているだけの普段着で、決してオシャレではない。それでも清潔感があるのでオシャレに見えるだけなんだけど。

 その30代オタク女子は飲み会の場で次にこういった「みなさんオシャレですよね」

違うんだ〜〜〜オシャレではなく清潔感なんだ〜〜〜〜

清潔感とオシャレのちがいをわかっていないオタクあるあるがオタクファッションになってしまうのではないかと偏見だけど、ちょっとなんとなくわかった気がした。

 その人は自分のこと「オタクじゃないよ〜」って言ってる。私も本当の意味でのオタクではないと思う。ただ、「魂がオタクだからシンパシーを感じている」ので近くにいるとそわそわしちゃうんだな。しかもネコ好きなんだよその人、モーーーー。

やめてくれ、私のオタクセンサーを刺激するのは。

 

オタクって、かわいい・・・・・・・・・